自分の写真&今日のジム練

今日、バイト先に取材が来たのでプロのカメラマンの方もいらっしゃって、

取材が帰った後にカメラマンの方のサイトをワイワイ見たりしてたのですが。

なんてことない仕事だと思うのに、カメラマンの方めっちゃ上手い!!!

たしかな技術力という感じ。

経歴を拝見すると、某芸大の写真学科卒で、ブツ撮りで技術力を磨き、独立されたとか。

フィルムの時代からフリーでお仕事されていて、今もバリバリ活躍されているというあたりから実力は相当のものだと推察されたけど、サイトにアップされてる写真が予想を遥かに越えてうまくて震え上がった次第でした。

マジで、自分カメラマンですとか二度と言えないと思いました…

いや、マジで格が違う。

当たり前なんだけど。

 

ショックを受けてちょっと自己嫌悪したり恥ずかしいなとかネガティブなことを考えたりもしたんですが。

さっき、自分のインスタにあげてる作品を何の気無しに見直してみたら、わたし、自分の写真けっこう好きでした。

 

なんか安心しました。

私くらいは自分の作品を好きでいたいなあと思ってたので。

実力はもちろん全然ないですが、好きな写真を撮っていこうと思います。

 

 

全然関係ないですが。

今日もホームジムで登ってきて、前回止まらなかった一手が止まるようになってヒャッハーってなりますた。

持ち方と足置きだった。

そうか、ホールディングってやつか。ホールディング超大事!!

先日グレード更新できた課題の再登もできてひと安心。

新しく取り掛かってるやつも、5か月かかったやつと同じグレードなので、また5か月かかるのかなと予想。

今回は苦手な傾斜壁なんで、もしかしたらもっとかかるのかもしれない。

(グレード更新できた課題はルーフだったので、若干得意だった)

 

わたし、なんかインドアのルーフ得意なんすよね。

得意というほど強くないけど、ルーフ好き。

ツヨツヨの友だちが、私が意外とルーフがいけるのは体が軽いからだと言ってくれたんだけど、これは真に受けてもいいのかもしれない。

これは私の体重が少ないという意味ではなく、自分の腕や指の力に対して耐えられる重さという意味だと思ってる。

体幹よわよわなのに意外とルーフ登れる理由がほかに浮かばないし。

広告を非表示にする