読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性のクライミングシューズ

山用品のお店でお客さまのクライミングシューズを選ぶお手伝いをしていてしみじみ思うのは、誰かからのオススメをどれだけ聞いても足を入れてみないとほんとに分からないということ。

特に女子は、詳しい男子からいろいろと教えてもらうことが多いと思うんだけど、体重とか登り方とか足のボリュームとか全然違うので、鵜呑みにしては危ないと思う。

 

誰も悪くないんですが、男子と女子の足は違うので、しょうがないと思うのです。。。

男子に、自分の体重で感じた硬さを、女子の体重の軽さを差し引いて、女子の足のボリュームを考慮して靴のアドバイスをしてもらえたら最高だけど、そんなの無茶だし(逆も)。

 

今日改めてこういうことを思ったのが、ある女性のお客さまとのやり取りでした。

どうもインスティンクトVSRを周りの方から勧められたらしく、この靴をご指定で試着をはじめたこの方。

お話を伺うと、インスティンクトVSを履いてるからVSRもたぶん大丈夫!とのこと。

そうか、と思ってお出しすると、別にいい感じなんでこれにしようかな〜みたいな反応だったので、このままVSRを買うのかなあと思ったのですが。

他にオススメあります?と訊かれて、ハイアングルW's、オゾンレディース、アナサジLV、ミウラーVSウーマンをお出しして履いていただいたところ、だいぶショックを受けられたようでした。

履きやすい!みたいな。

そりゃそうです。女性の足の幅の細さ、甲の高さ、かかと、体重の軽さを考慮した柔らかさなど、いろいろ調整して履き心地をよくしてますもんね。

このお客さまは、ひと通りこれらの女性用の靴を履いた後、インスティンクトVSRに戻ってみたところ、「…………こんなに違うんですね。」とビックリされたご様子でした。

ユニセックスモデルが別に悪いわけじゃないんだけど、女性の足のために調整されたものと比べるとやっぱり、深さとか幅とかいろいろ違いを感じられたようです。

 

私もわりとその傾向あるんですけど、周りが男性クライマーしかいない女性クライマーって多いんではないかと思います。

で、そうなるとどうしても男性目線のオススメしか聞く機会がないので、女性用モデルはそもそも話題にのぼらないんですよね。

考えてみれば当たり前なんですけど。

彼らは女性用の靴を履こうと思わなかったり、履けるサイズがなかったり、幅やらかかとやら甲の高さやら諸々が合わなかったりということもあると思うので。

 

ええと、案の定まとまりがなくなってきましたが…

 

ムーブも男性からのアドバイスは鵜呑みにできない(そもそも届かないっす!とか、そこまでロックできるパワーがないっすとか、よくある)ように、シューズ選びもそのまんまは適用できないので、いろいろトライしてみるのがやっぱよさそうだなあと思った(わりと確信に近いくらい強く)話でした。