読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変わった人

今日、バイト先のクライミングジムで、先輩スタッフから面白い話を聞いた。

昔、ジムにいたおかしなクライマーの話。

 

その人は、いつもツナギを着ていたんだそうだ。

しかも、仕事の作業で汚れたツナギをいつも着ている。

仕事が終わったらきれいな服に着替えればいいじゃないかと問うと、

「ツナギが汚れるから着替えないんだ」と答えたらしい。

(※注:ここでまず「はて?」と思った)

家に帰ると、きれいなツナギに着替えるらしい。(※ツナギからツナギ?)

しかも、それは会社の作業用のツナギ。(※え?会社のツナギを部屋着にしてる?)

寝る時は、寝る用のツナギに着替えるらしい。

(※??? 完全に謎。ツナギって硬くてくつろげないのでは…いや、サイズをあげれば楽なのか?)

 

ツナギが大好きなのかと思ったけど、好きならいろんなツナギを着るんじゃないかと思う。

会社のツナギをちょろまかして「これは部屋着」「これは寝間着」と分けていたと思われるから、単に服がめんどくさかっただけ??

 

とりあえずその人が変わってるのは分かった。

 

さらにその人は、水道もガスも引いてなかったらしい。

え?そんなことできるの?

引っ越して水道局とガス会社に申請しなかったのかな。

 

100歩譲ってガス無し生活は想像がつく。

私「山用のバーナーを部屋の中で使ってたんですか?」

先輩「そうみたいですね」

 

なるほど。変わってるけど、まあまだ予想はつく。

でもカートリッジ買ってたら逆に高いんじゃ…?

 

先輩「カートリッジが高いからって、ガソリンで点火できるバーナーを手に入れて使ってたらしいですよ」

私「?!」

(※まさかのガソリン!臭そう。危なくない?そんなバーナーあるんだ?ガソリンも高いんじゃ?)

先輩「会社の車からガソリン抜いて」

私「わる!!」

 

会社のガソリンを抜くというあたりから、水についてもなんとなく嫌な予感がした。

 

先輩「水はどうしてるのって聞いたら、公園に汲みに行くって言ってました」

私「わる!!!」(※やっぱり!!)

 

風呂はどうしてたんだろうと思ったけど、ロクな答えが帰ってこなそう(そもそも風呂に入らないか、公園で水を浴びるとか、会社で水を浴びるとか言いそう)だから躊躇してるうちにお客さんが来たので、この話はここで終了。

 

昔っていつごろの話なのか知らないけど、ずいぶんと平和な時代の話だな。

山絡みの人の話はいつも予想を越えてくる。