日経WOMAN11月号よかった & やりたいことリスト100が100でおさまらなかった件

f:id:wanahi:20171028132727j:plain

日経WOMAN11月号の手帳特集が面白かった

コンビニでふと目に止まって買った日経WOMAN11月号がめっちゃ面白いです。

手帳のコツと、貯蓄の話と、付録の万年筆を目当てに購入。

私はスケジュールをスマホとPCでGoogleCalendarを共有して管理しているのですが、手帳が全然活用できてなくて。でも何となく毎年買うんだけど、どうしていいもんかかなり持て余していました。

この特集を読んで衝撃的だったのが、手帳をスケジュール管理以外に使っていいんだ!ということ。

それなら手帳が活用できる。っていうかやりたい。

と思って、さっそく手持ちの手帳で試しまくってます。

私が手帳でやりたいことは、クライミングの時間をもう少し増やしたいのと、トレーニングを増やしたい、お金の管理をしたい、食事と健康の関連を記録したい、ということ(これもこの特集を読んで考えられたこと。)

今のうちに試行錯誤して、来年の新しい手帳を買うまでにどんなスタイルがいいのかをもう少し固めたいです。

 

お金の話はまだざっとしか読めてないけど、「レシートを捨てずに取っておいて1か月まとめて振り返り」っていうやつが良さそうで、さっそく試し中です。

家計簿が続いてないので、これならできそう。

 

そして、手帳の特集の中でちょろっと出てきた「やりたいことリスト100」が気になって、ふと書いてみたら、余裕で100を超えてきて笑えました。

2年くらい前にも書いたときは30くらいで止まっちゃったし、昨年会社を辞めてすぐの時は70くらいまでしか書けなかったのに、今回150にも届きそうな勢いww

わたし確実に人生が好転してるな!!!って思いましたw

前職からの呪いが徐々に解けてきてるみたいですね〜。

 

大きなものから小さなものまで書き出したのでこんなに数が増えたのかもしれませんけどね。

でもこんなに溜め込んでたのかーってびっくりです。

面白かったのでここで晒してみます。

 

人生でやりたいことリスト100(2017年10月28日現在)

(注:思いついたままに書いているので順番に意味はありません)

  1. Midnight Lightning 完登
  2. 流れの中に 完登
  3. ファットアタッカー 完登
  4. 忍者返し 完登
  5. デッドエンド 完登
  6. エイハブ船長 完登
  7. 穴社員 完登
  8. コンケーブ 完登
  9. 三日月ハング 完登
  10. カンクンで海を満喫する
  11. オーストラリアの地上が海みたいになるところでダイビング
  12. 死海に浮かぶ
  13. ナスカの地上絵を見る
  14. マチュピチュへ行く
  15. ロイクラトンにもう1回行く
  16. 慶良間でダイビング
  17. 子どもを産んで育てる。親になる
  18. 犬を飼う
  19. グロットで潜る
  20. トランペットを吹く
  21. 山スキー
  22. 富士山 登頂
  23. イタリアでパスタ、ピザ、ジェラートを食べる
  24. フランス 凱旋門モンサンミッシェルに行く
  25. フォンテーヌブロー 遠征
  26. 九州の岩場 遠征
  27. 四万十川で川下り
  28. SUPをやる
  29. ニュージーランド旅行
  30. メキシコ ホセみたいなおじさん3人くらいの流しの演奏をサボテンバックに聞く
  31. スペイン 建築巡り。白い壁、赤い建物、青い空を見に行く
  32. パラオでダイビング
  33. 台湾で食べ歩き
  34. 千と千尋の神隠し』のモデルになった街へ行く
  35. 九寨溝へ行く
  36. グランドキャニオンへ行く
  37. アメリカ 砂が縞模様のところへ行く
  38. マルチピッチをする
  39. ガウディの建築を見る(イタリア)
  40. ウユニ湖へ行く
  41. ワイ島に長期滞在(2週間以上)
  42. ドイツのお城へ行く
  43. イギリスのアビーロードを歩く
  44. 北海道のお花畑を撮影する
  45. アメリカ 大統領の顔が彫られてるやつを見に行く
  46. 瀬戸内芸術祭を観に行く
  47. フィンランド ムーミンをめぐる旅
  48. スウェーデン スウェディッシュ・ポップとマリメッコをめぐる旅
  49. ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブへ行く キューバ
  50. 写真展を開く
  51. 写真集を出版する
  52. ポストカードを作って売る
  53. 北海道 イサム・ノグチの公園へ行く
  54. イースター島でモアイを見る
  55. アフリカのサバンナで野生動物を生で見る
  56. アフリカ 倍音で歌われる民族音楽を生で聞く
  57. ケチャを生で聞く バリ?
  58. 北海道 旭川動物公園へ行く
  59. 伊勢神宮でお参りをする
  60. お遍路さんをする
  61. ヨーロッパのランタンを上げるお祭り(ラプンツェル
  62. リオのカーニバルを生で見る
  63. だんじり祭りを見る(大阪・岸和田)
  64. 浅草 三社祭を見る
  65. 朝顔市へ行く
  66. ほおづき市へ行く
  67. ソロキャンプ、ソロテン泊をする
  68. ねぶた祭りへ行く
  69. 姫島のきつね踊りを見て撮影
  70. 高崎山の猿の写真を撮る
  71. 久住山 登山
  72. 屋久杉を触る、撮る
  73. 由布院観光(金鱗湖の朝霧)
  74. 別府の地獄めぐりの写真を撮る
  75. 北八ヶ岳で苔を堪能する
  76. 八ヶ岳縦走
  77. 沖縄守礼門をもう1回見る
  78. 久遠寺にもう1回行く
  79. 大分 アフリカンサファリに行く
  80. 大分 南山のポークライスを食べる
  81. 十勝の豚丼を食べる
  82. 北海道でラーメン。味噌ラーメン、味噌バターラーメン、塩バターラーメン
  83. 芝桜の写真を撮る
  84. ラベンダー畑の写真を撮る
  85. 北海道で平原に木のシルエットみたいな風景を撮る
  86. オーロラ撮影
  87. 長野の山賊焼きを食べる
  88. とり野菜みそ鍋を食べる
  89. ビショップ遠征
  90. イタリア 海辺のリゾートへ行く
  91. マルタ島へ行く
  92. 紅の豚』のモデルになった海岸へ行く
  93. 魔女の宅急便』のモデルになった街へ行く
  94. 水上コテージでのんびりゴロゴロする
  95. アメリカを大横断するハイキングコースを歩く
  96. イサム・ノグチのヴォイドゼロを生でもう一度見る
  97. 安藤忠雄建築を訪問する
  98. ジム遠征を気兼ねなくできるくらいのお金をもつ
  99. 田舎に住む(東京を離れる)
  100. 歩いてキリスト教の聖地をめぐる旅があるらしい
  101. ブラジル 大きなマリア像を見る、撮る
  102. アメリカで「HOLLYWOOD」の看板を見る、撮る
  103. アメリカのバターミルクの標識で記念撮影
  104. 氷河を踏む
  105. オーストラリア グレートバリアリーフでダイビング
  106. パプアニューギニア 村を訪問、現地人の食べ物を食べる
  107. カリブ海でダイビングとシュノーケリング
  108. ガラパゴス島でゾウガメとイグアナを見る
  109. 高尾山を登る
  110. 涸沢の紅葉を見る、撮る
  111. 白馬の大雪渓を歩く
  112. 京都の苔寺で撮影
  113. 苔の森で撮影三昧
  114. サーフィンをする
  115. 宮崎へ行く。サーフィン、チキン南蛮、モアイ
  116. イギリス 大英博物館
  117. アメリカ 自然博物館みたいなところ
  118. 昭和記念公園でお花の撮影
  119. 新宿御苑の温室で撮影
  120. 夢の島の植物園で撮影
  121. スパリゾートハワイアンズでゆっくり遊ぶ
  122. としまえんで温泉につかる
  123. 箱根の湯、旅行
  124. 山で流星群を見る、撮る
  125. 小豆島へ行く
  126. 名古屋めしを食べる
  127. 安土城へ行く
  128. 白鷺城へ行く
  129. さぬきうどんを食べる。金毘羅さんへお参りに行く。
  130. おいしいお蕎麦を食べる
  131. 京都の床がキュッキュって鳴るお寺へ行く
  132. 水中に咲く花を見る、撮る
  133. 大正池で撮影。朝霧、青空の反射。
  134. 上高地で撮影。橋と青空。
  135. 浅草で着物を着て人力車に乗る
  136. 結婚式をやる
  137. 結婚写真を撮る。小川山、教会、和装、お花畑
  138. 旦那さんの誕生日においしいステーキかハンバーグを外食
  139. スカイツリーの上の展望台から景色を見る
  140. 東京タワーの上の展望台から景色を見る
  141.  TENQへ行く
  142. しながわ水族館へ行く
  143. ベネッセの宿泊施設に泊まる
  144. 雲海テラスへ行く
  145. 立山・黒部で山歩き
  146. オランダでティック・ブルーナをめぐる旅
  147. Gimme Kraftのジムへ行く(ドイツ)

加島(三上)智子さんのクライミングジム 「Lutra Lutra climb park」

「ちびっこ30代女子の星」という言葉では言い表せないほどの、あまりにもぶっちぎりな身体能力の高さを誇る日本代表メンバーのクライマー 加島(三上)智子さんが、新しいジムをオープンするそうです。

ジムの名前は「Lutra Lutra climb park」。

ジムの詳細な情報が分かるWebサイトが公開されています。

lutra.shopinfo.jp

 

店名は「ルトラ・ルトラ・クライムパーク」とお読みするのかなあ?

"Lutra"って何だろうと思って調べてみたら、英語(ラテン語)で「カワウソ」って意味らしいです。たしかに、サイトにもカワウソっぽいキャラがいますね。かわいい。

発音はˈlu.tra/, [ˈɫʊ.tra] ルトラ、もしくはルートラって感じかな?

 

「Lutra Lutra climb park」詳細データ

オープン日

2017年11月23日(木・祝)

住所

〒 366-0818 埼玉県深谷市萱場6-30

最寄り駅

JR高崎線 深谷駅(徒歩17分)

電話番号

048-598-5876

営業時間

土日祝 10時~20時

平日  14時~23時

定休日 金曜

 

料金

 (※この料金表の画像はジムのサイトで公開されているものです。)

 

噂に聞いたジムの様子

かなり広いジムのようです。噂では100平米くらいあるんじゃないかという話。

また、キッズ専用エリアもあるようです。

個人的には、料金設定が細かくて嬉しい感じかなと思います。

特にビジター料金と、2時間料金があるのが親切ですよね。

自分の家からかなり離れた場所のジムとかだと、どんなに気に入っても次来ることはないだろうなっていうことがかなりあるので、いちいち登録料取られるのすごい嫌ですもん。

 

行ってみたい!と思いつつ、深谷かあ…遠いなあ…(;´∀`)

 

三上さんとお話しできないまま、T-WALLを辞めてしまわれました。残念。

ま、ご縁があればいつかお会いできるでしょう、きっと。

三上さんは噂でしか聞いたことないですけどかなり面白い人らしいので、自由で楽しい雰囲気のジムになるんだろうなあ。繁盛するといいですねえ。

外岩の荷物と行動食(10月後半)

f:id:wanahi:20171019213041j:plain

昨日は貴重な晴れ間だったので小川山へ行ってきました。ボルダーです。

前日までの雨で下地はしっとりしてたし、岩もちょっと湿気があったけど、翌日からの雨予報を考えると登れるだけ御の字かなという感じ。正午〜13時くらいがコンディションは良かったように思います。

朝ついたばかりは朝露もあってだいぶしっとりしてたし、夕方は湿気があがってきました。夕方から雨予報だったけど結局降られなかったです。

 

それはそうと、外岩の荷物問題。

外岩に行き始めて3〜4年くらいですが、未だにベストの荷物と行動食が見つかりません。

多すぎて重いんですよね。マットと合わせるとたぶん15kgくらいあると思います。

アプローチでくたくたになりがちなので荷物を可能な限り減らすべく、今回持っていったものを振り返って次回につなげたいと思います。

 

今回持っていったもの

凡例

◯:持っていってよかったもの(次回も持っていく)

△:なくてもよかったかも

✕:いらない。次回は持っていかない

 

ライミング関係

◯ クラッシュパッド ×1

◯ サブマット ×1

◯ お風呂マット ×1

◯ レジャーシート×2

◯ クライミングシューズ ×3

◯ 大ブラシ

◯ 小ブラシ

◯ チョークバッグ

◯ ブロックチョーク

◯ 古いタオル

◯ 足ふきマット

 

ライミングシューズはできればもっと持っていきたいけど、重いので3足が限界。今回はソリューションウーマン、インスティンクトVS、ミウラーVSウーマンを持っていきました。

しかし個人的な悩みどころは、ソリューションウーマンとミウラーVSウーマンがちょっとサイズが大きいこと。3〜4年前に買ったので、まだ小さいサイズが履けなかったらしい(;´∀`)

どちらの靴も今までは問題なかったんだけど、最近なんとなく不安に思ってきたので、変えようと思ってます。

今のところ候補にあがってるのはオゾンレディースとハイアングルWMSと、持ってないけど、カタキウーマン。

オゾンレディースは次は持っていこう。

ハイアングルWMSは、御岳では良かった気がするけど、小川山ではどうだろう。迷いがあるうちは持っていかないかも。

新しいソリューションウーマンが出たらちゃんとしたサイズで買おうと思ってます。

ミウラーVSウーマンは、長年信じて愛してたんだけど、ちゃんとしたサイズで試着してみたら何度履いても痛くて、どうやら合っていないらしいという衝撃の事実が発覚したので、お別れしようと思ってます。

替わりのエッジングシューズとして期待しているのがカタキウーマン。手持ちのお金がなくてぼーっとしてる間にお店からなくなってしまったので、次に入ってきたら買うかも。

 インスティンクトVSは履き心地が固いけどやっぱり安心感ありますねー。

私はカカトの上のフチがちょっとあたるんだけど、それでもやっぱりこの爪先の感覚が好きだから履きます。

 

 

撮影関係

◯ ミラーレスカメラ(APS-C

◯ 広角レンズ(F4/10mm-18mm)

単焦点レンズ(F1.8/24mm)

△ クリーニングクロス

◯ カメラ 替えバッテリー ×1

◯ 三脚

 

一応、一番撮りたいのは外岩クライマーなので一眼カメラは持っていきます。

自分の登り(記録用)もついでにこれで撮影。

でも登る方に気がいっちゃうのでなかなか作品は撮らないんですよねー。

自分の登りを撮影するには、狭い場所が多いので広角レンズがいい。

でも広角レンズはF4なので、作品を撮るとなるともうちょっときれいにボケが欲しい。ので、F1.8の単焦点はやっぱり持っていきたい。

でも、チョークまみれの手で付け替えってあんまりしないからなー。単焦点レンズを持っていくかどうかは、非常に悩ましい。

 

 

服装

服装はこれで正解だったので次回も全く同じかと。

◯ 速乾の長袖Tシャツ
◯ 綿半袖Tシャツ
◯ 裏ボアのズボン
◯ ウール靴下
◯ アプローチシューズ

もう少し寒くなったらベースレイヤーが速乾シャツからウールに変わるかな。私が持ってるウールのシャツがちょっと窮屈なので、ギリギリまで着たくないんですよね。もっと快適なウールのアンダーが欲しいです。

 

ズボンは暖かくて動きやすくて見た目がマシなものをずっと探し求めているんだけど、今のところはエドウィンのジャージーズをこえるものが見つかってないですね。もう3年くらいはいてます。

 

ウール靴下はおうちでリラックスする用のオルビスのものですが、しめつけがゆったりなので脱いだりはいたりが楽ちんでお気に入り。

私は裸足でクライミングシューズを履く派なので登る時は靴下を脱ぐんだけど、レストしてる間は寒くて靴下をはきたいので、脱いだりはいたりがすごく多いのです。

 

アプローチシューズは、私が行くようなところはそこまでアプローチが険しくないので適当です。本気アプローチシューズは別にあるけど、それはもはや軽い登山用になっている(笑)

それでも普通の靴やサンダルでは絶対に行きません。知り合いのクライミング歴40年のベテランクライマーがサンダルで行って、ちょっとガレた場所のアプローチで油断して滑って、足が岩と岩の間に挟まって大怪我したのを見て以来、必ずアプローチシューズで行くようにしています。

 

 

現地で快適にすごすための物

◯ ヘッドライト

◯ 厚手ダウン

◯ 厚手フリース

△ 薄手ウインドブレーカー

◯ ダウンパンツ

◯ ネックウォーマー

◯ ニット帽

◯ 手袋

◯ 使い捨てカイロ(貼るタイプ×1、貼らないタイプ×2がベストかも)

ティッシュペーパー

◯ ハンカチ、ハンドタオル、手ぬぐいなど

◯ 眼鏡

◯ 携帯充電器とマイクロUSBケーブル

 

もう小川山は寒かったです!今年は寒くなるのが早いね。

川上村の道にちょこちょこたってる気温の標識みたいなやつは、行き(8時頃)は7℃、帰り(18時半ごろ)は9℃でした。

ほっぺたがピリピリするほどの冷気ではないけど、じっとしてると体が動かなくなるくらい寒かったです。

ダウンは中厚と厚手で迷ったけど、私は寒がりなので厚手で正解でした。

厚手のフリースも東京から着ていって、登る時以外はずっと着てました。

東京では毎日のように着てる薄手のウインドブレーカーは、小川山では使いませんでしたね。あるとなんとなく安心だけど、次は持っていかないかも。

 

予想以上に活躍したのがカイロ。背中に貼る用に1枚、手を温める用に2枚がベストかも。

 

ネックウォーマーは、BUFFを1枚と普段使いのボタンで留めるタイプのものを1枚持っていったんだけど、もう寒くてずっと付けてる感じなので、そのまま登っても邪魔にならない頭からかぶるタイプのネックウォーマー1枚で良さそう。

 

 

行動食

✕ お湯500ml

◯ 水500ml + BCAA

プロテインシェーカー + プロテイン 

アミノ酸系ゼリー飲料 ×2

◯ あられ

ホームパイ×2

◯ BCAA

△ どら焼き

✕ 菓子パン

✕ 柿の種

✕ ドライフルーツ(ゆず、オレンジ)

✕ グミ

✕ チョコレート

✕ チーかま

✕ カフェオレ粉末

フリーズドライ甘酒

f:id:wanahi:20171019213153j:plain残った行動食

 

今回、寒いだろうと思って熱いお湯と甘い飲み物を持っていったんだけど、小川山はトイレがあまり近くになくて基本「野」なので余計な水分をとらないという選択になり、全く飲みませんでした。寒さがしのげるか不安だけど重いしもう持っていきません。

 

行動食は好みやスタイルがあるので人によって違いますよね。

基本的に消化の良いものっていうのは一緒だと思うけど、どんどん食べてエネルギーを補給するタイプと、必要最小限しか口にしないタイプの人がいるように思います。

私は集中するとあまり食欲を感じないので、後者です。昔は外岩に行ってもお腹がすいてしょうがなかったのでよく食べてたけど、眠くなるのが嫌で減らすように心がけたらだんだん食べなくても平気になってきました。

ちょっと空腹を感じたらゼリーを飲むか、パンやおにぎりを少しずつかじります。もちろん、終わったら超お腹すきます(笑)

 

ライミングは登山と違って遭難の心配もあまりないから、非常食も必要ないですね。

普段から好きな食べ物を持っていくというので良い気がしました。

私は甘いものがあんまり好きじゃないので、あんこやチョコレート、クリーム、菓子パンなどは持っていったものの、やっぱり食べなかったです。登山の時はずっとエネルギーを消費し続けるからか、甘いものが妙に美味しかったりするんだけどね。不思議。

ホームパイとあられは好きだから食べたんだと思われます。ほんとはポテチとかじゃがりことかも迷ったんだけど、油っぽいのでやめときました。正解だったと思います。なんか動きづらくなる気がする。気がするだけだけど。

 

チーかまは大好きで登山の時は超役立つんだけど、クライミングの最中はあんまりタンパク質を欲しないのか、食べてみたけど別にって感じだったので、次はもう持っていかないかな。

 

柿の種とドライフルーツとグミは普段から好きだし登山の時に超美味しかったので、当然のように持っていったんだけど、クライミングの時は手がチョークまみれなので細かいものは食べづらくて食べないということに今回気づきました。なるほど。袋から直接流し込むほど好きならいいけど、そこまでのモチベーションはなかった。

 

持っていこうか迷って、結局持っていかなかったもの

  • サンダル(クロックス)
  • テーピング
  • ベンガ ソールクリーナー
  • カメラのリモコン
  • カロリーメイト
  • サングラス

テーピング以外はいらない気がするな。テーピングは何かあった時のために次は持っていこう。

 

足りないものはありませんでした。それは一歩前進(・∀・)

減らすだけで良さそうです。

 

簡単おうちごはん

昨日今日とお休みで、雨を言い訳にずっと外に出ていないので、自分がぐんぐん元気になっていくのがわかります。

家にいてもたまった家事をやってるから休みなく動いてはいるんだけど、それでも元気になりますね。

ずっと気になってストレスになってた家事を片付けられてスッキリっていうのもあるのかもしれない。

そして元気になるとアウトプットしたくなるので、ブログの投稿数が増えます。我ながらわかりやすい。

 

お昼ごはんはお家でラーメンを食べたんですが、5個198円のお安かったラーメンが、ちょっとアレンジしただけで超美味しく化けたので嬉しくて、ついブログに書きたくなりました笑

f:id:wanahi:20171017115915j:plain


 

使ったのは明星食品の「評判屋 とんこつらーめん」。

明星 評判屋 とんこつらーめん 5食パック: 明星食品

f:id:wanahi:20171017120022j:plain

特にアレンジせずにそのまま作って食べたこともありますが、とんこつといえどかなりアッサリしてます。

ゴマとか調味油はついてなくて、スープに乾燥ネギもニンニクもショウガも入ってないので、ほんとアッサリ。とんこつって感じはあんまりなく、塩ラーメンが白濁したような感じかと。

 

今日はこれに冷蔵庫に残っていた野菜炒めを適量と、チューブのショウガ、チューブのニンニク、醤油、ごま油を追加して加熱し、ネギとすりゴマと胡椒をかけていただきました。

 すんごい適当に作り始めたんだけど、途中から「これ絶対おいしいやつや!」と確信したので、食べる前に慌てて写真を撮りました。

 

 ベースのあっさりスープに野菜と肉のコクが追加され、ニンニクやショウガやごま油がいい香りで、超美味しかったです。

 

お家で食べるちょっとしたおいしいものって、幸せだよなあ。

食べてみたい物その2:山賊焼き

昨日、とり野菜みそのことを書いたら、とり野菜みそをすごく食べたくなって、絶対買おうくらいの勢いになってます。

味噌なんだから、パックを開けても1回で使い切らなくてもいいのでは?ということに気づいてヒャッハー!ってなりました。

買う買う。もう絶対とり野菜みそ買う。

白菜と豚バラも買うか。キャベツでもおいしそうや。

 

そしてとり野菜みそのことを書いたらもうひとつ食べたいものを思い出しました。

長野(松本)名物、山賊焼きです。

 

http://www.hongo-keiniku.co.jp/images/sanzoku_top01.jpg

山賊焼きのこだわり|ミート&デリカテッセン 本郷鶏肉|信州名物山賊焼き、惣菜

※画像は上記リンク先のサイトで公開されているものです。

 

これも松本へ旅行した時に食べそびれたやつ。

山賊焼きを知ったのは、近所のスーパーのお惣菜コーナーで、たしか1回食べたことあるんですよ。

ニンニクがきいててスパイシーで美味しかったような気がするけどあんま覚えてなくて、もう1回買いたいと思ってはいたんだけど、そのスーパーの山賊焼きは揚げ衣がすごくて、クライマー的にちょっとビビる感じだったのでなんとなく買えずにいたら、スーパーが閉店してしまいました。

 

松本へ行ったときも、朝と夜は宿で出るし翌日はすぐに移動だったのでお昼ごはんしか食事のチャンスがなくて、山賊焼きか蕎麦か迷ったけどみんなで相談して蕎麦になった気がします。

蕎麦も美味しかったから別にいいんだけど。

 

とり野菜みそと違ってこっちは作るとなると「これで合ってるの?」っていう心のハードルが高いですね。

都内で食べられるお店もあるみたいだけど、あんまり外食しないから、わざわざ食べに行くのも面倒くさい。

 

山賊焼きを食べられるのはまだまだ先かもしれませんねえ。。。

「とり野菜みそ」を食べてみたい

金沢へ旅行した時に初めて見かけたけど、食べる機会がないまま帰ってきた「とり野菜みそ」。

これ、すんごい食べてみたいんですよね。

 

www.toriyasaimiso.jp

 

食べたい食べたいと思ってると情報が入ってくるもんで、なんと近所のスーパーで売っているのを発見。

なんならAmazonで売ってるのも発見。

www.amazon.co.jp

 

じゃあ買っちゃえばいいんですが、問題は、いつ作るかです。

旦那さんは目新しい食べ物があまり好きでなく、慣れたもの、安定した味のものを食べたがります。

慣れない食べ物を出すと、文句は言わないけど箸をつけなかったりします。

そんなことされると私が地味に傷つくのであんまり出したくありません。

加えて、私は料理のセンスがないので、初めて作るものはたぶん失敗します。

食べたことないから、どんな味になるか想像もつかないしね。

 

となると、彼が出張で家をあける時の夕飯か、彼が仕事で私が休みの日の昼食か。

昼食にとり野菜みそ鍋を1人で全部食べるのって、結構なモチベーションないとできないぜ。

うーむ…

 

ってなって、いっつも買うのをとどまります。

 

誰かのうちで鍋パーティでもあればいいんですが。

鍋パって、学生の頃はやってたけど、そういえば最近全然そういうのやってないなー。

鍋パ以前に、誰かの家にお邪魔したり、うちにお招きしたりもしてないなー。

そもそも友だち少ないもんな。

 

とか、無駄に暗い方に考えがいきそうになって、「( ゚д゚)ハッ! あぶないあぶない」ってなりました。

ま、別にいいんです。鍋パできる友だちがいないのは(めっちゃ気にしとるやんけ)。

 

たぶんそのうちこっそりお昼にやると思います。

 

 

結婚してちょっとだけ変わったこと

今日は深夜ですし、お風呂あがりにビールを飲みながらかなりのリラックスムードで更新させていただきます。^^

 

結婚してから、1か月が経ちました。

式はしていないので、あんまり実感はありません。

結婚指輪と婚約指輪を見てはニヤニヤし、名字が変わった郵便物を見てはニヤニヤしてるくらいです。

とか言いつつ、結婚指輪も、登るのに外すとなくしそうなので、ほとんどつけてなかったりつけ忘れたりしてます。

 

でもちょっと変わったのが、空気感というか、安心感みたいなものです。

この人をずぶずぶに愛しても良いんだ。甘やかしてもいいし、甘えてもいいんだ。っていう安心感がある気がします。

 

私はもともと尽くし体質というか(かなり良く言った)、「やってあげたい」ことが多いのですが、恋人の間はセーブしてるところがあって、「これ以上やってあげると彼にどっぷりハマるから、万がいち別れた時のダメージが怖いしこれ以上やらないでおこう」みたいなところがありました。

でも結婚してしまえば、どっぷりハマっても大丈夫!っていう感じがあって。

もうセーブせずに好きなだけ愛を注いでいいんだっていうのは、思った以上に解放感があります笑

そうは言っても別に何もしてあげてないんですけどね。

「やっちゃいけない」と思ってたのが「やっても大丈夫」に変わるだけで、なんとなくストレスが違いました。

 

彼の方も、ちょっとゆるんできてる気がします。

もともと真意があまり分からないタイプなので、緩んでくれるのはすごく嬉しいです。

 

それを感じたのが、すごく些細なんですけど、彼がマッサージ器を使ってた時のこと。

電動で、スイッチを入れるとブルブルと強めの振動があるマッサージ器を彼が自分の肩にあてて、「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」って声が震えるのを楽しみだしたことがありまして。

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」って言ってる顔が完全にアホ面なんで私も思わず笑っちゃったんですけど、ふと「私がいない時にこういうことやってたのかもしれないなー」って思いました。

子供の頃、扇風機に向かって「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」って言ってたのと同じで、意味はないけどなんか面白いことってこっそりあると思うんですよ。

今までこっそりやってたことを私の前で見せてくれたのは、彼もだいぶ気を許してくれてるのかな〜って思えて嬉しかったです。

 

酔っぱらいなので、ここまで。

失礼します!